四柱推命とはAbout komachi’s Four Pillars of Destiny

四柱推命とは、中国で陰陽五行説をもとにして生まれた人の命運を推察する方法のことです

「四柱推命」(しちゅうすいめい)とは、今から1500年前に中国で確立された占いで、その占術の難解さと的中率の高さから、古代中国では「帝王の運命学」と呼ばれ、政治や戦争などの重要な判断が必要なときに使用されていました。

四柱推命は生まれた年・月・日・時の四つと干支(えと)を柱としています。
そこから、その人の生まれ持った可能性を推察するため、それぞれを年柱、月柱、日柱、時柱といいます。
四つの柱があるので、「四柱推命」と言われるのです。
ただ、出生時間が不明の場合が多いため、特に日本では時柱を除外し、「三柱推命」という方法が多く見られます。
しかし、四柱推命は年月日時の4つが揃うことが絶対条件とされるのです。

また、それぞれの柱に来る十干*1を天干と言い、十二支を地支と言います。
さらに、年柱の天干は年干(年柱天干と言う時もある)、月柱の地支は月支といった呼び方をします。

そして日干を中心として、他の天干、地支が日干に対してどのような影響を及ぼしているかを統観し、それをもとに具体的な事象を推察していきます。

*1・・・十干(じっかん)は、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10の要素の順列。
五行(木・火・土・金・水)に陰陽を割り当て、陽を兄、陰を弟として、たとえば「甲」を「木の兄(きのえ)」、「乙」を「木の弟(きのと)」と呼ぶ。
十干の10と十二支の12の最小公倍数は60なので、干支は60回で一周する。これが還暦である。

MENU

  • 四柱推命とは
  • 占術師紹介
  • 鑑定料金
  • 鑑定の流れ
  • よくある質問
  • 店舗紹介
  • ご予約について
大阪府高石千代田5-1-34
Copyright(c) komachi All Rights Reserved.